日焼け止め化粧品選び3つのポイント

ニキビやシミ、肌の老化を進行させる紫外線。あなたは、日焼け止め化粧品を正しく選ぶことができていますか?油断しがちな紫外線対策ですが、肌へのダメージはある日とつぜん現れます。ここでは、日焼け止め化粧品の選び方をご紹介します。

日焼け止め化粧品を選ぶポイント

日焼け止め化粧品を選ぶポイントは以下の3つです。肌に刺激が強いもの

  • 1.紫外線をカットするSPF&PA
  • 2.肌に優しい紫外線吸収剤フリー
  • 3.クリームまたは乳液タイプ

1.紫外線をカットするSPF&PA

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種類があり、その両方を防ぐことが肝心です。UVケア化粧品には、A波とB波のどちらに効果があるかの表示もあるので、購入前に確認しましょう。PAやSPFの数値が高いほうがUVカット力が強いですが、肌への刺激も強くなります。

PA 紫外線A波(UV-A)のカット効果があります。A波は真皮(皮膚の深部)にまで到達してダメージを与えるため、PAは重要な指標です。
「+」の数がUVカットの力を示しています。+はやや効果がある、++++は極めて効果がある、という意味です。
SPF 紫外線B波(UV-B)のカット効果がある。B波はエネルギーが強く、日焼けによる赤いヒリヒリ(サンバーン)を起こす要因になります。SPFのはサンバーン状態になるまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安になります。たとえばSPF5なら約5倍に伸ばせるという意味です。

2.肌に優しい紫外線吸収剤フリー

通常日焼け止め化粧品には、紫外線吸収剤が含まれています。ただし、紫外線吸収剤は、敏感肌などの肌が弱い人には刺激になることがあります。敏感肌の場合は、紫外線吸収剤が含まれていないUVケア化粧品を選びましょう。

化粧品には「紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」と表示されています。

3.クリームまたは乳液タイプ

紫外線吸収剤を含まないノンケミカルのUVケア化粧品は、クリームや乳液タイプに多いです。その他のローション、スプレータイプはほとんどが紫外線吸収剤のみでできています。


公開日:

PAGE TOP ↑